スチームクリーナーを比較

アイリスオーヤマSTM-303は、頑固な油汚れを完全に落とすのは難しく、布製の清掃には不向きです。玄関タイル、お風呂のぬめり、エアコン清掃では効果的です。加熱時間5分、タンク水追加できる状態になるまで冷却時間が必要です。

ハンディータイプは1.8kg、連続使用時間は12分程度と、追加水を入れる為の冷却時間がかかります。噴射スイッチが固めで重さもある為、女性が使うには幾分負担のある機種ですが、低価格で各パーツも揃っています。

キャニスタータイプであれば、ホースとノズルだけを動かす為重さの負担は無く、連続使用時間は40分と伸びますが、加熱時間も伸びます。

ハイブリッドスチームクリーナーは、加熱時間が約30秒、直ぐに追加の水が入れられるので、長時間使用していられます。海外の同じタイプの商品と比較しているクチコミもありますが、ハイブリッドの方が使い勝手がいいようです。浄水器つきで、根詰まりのトラブルも起こしにくいようですし、2年保障付きで販売されている物もあります。

スチームの調整スイッチにより、清掃箇所に合わせて切り替える事で、水滴による水浸しトラブルは避けられるようです。今現在気軽に入手できるスチームクリーナーには、頑固な汚れを落としきる程の威力は無いようですが、通常かかっていた掃除時間がかなり短縮された、掃除しきれないコーナーや隅等の汚れが落とせたとのクチコミが多く見かけられます。


太陽光発電業者