スチームクリーナーの問題点

スチームクリーナーは高温の蒸気が出ることから、取り扱う際は注意が必要です。蒸気吹き出し口を覗いたり、直接触れたりすることがなければ火傷することはないようなので、その点を注意するだけで良いようです。

フローリングに使う場合、ワックスが剥がれてしまいます。ワックスをかけ直す場合は、スチームクリーナーが活躍するかと思いますが、軽い掃除には使用しないほうがよさそうです。

ビニール床の変色を招く恐れがあります。目立たない場所で一度試してから使用します。素材に問題なければ、落としきれない汚れを浮かせ拭き取る事や、殺菌までも出来るので、色んな場所で活躍すると思います。

水を入れるタンクが、長時間の掃除で空になった場合、一度タンクの温度が下がるまで待たなければ水を追加する事ができないです。基本短時間でスチームクリーナーを使い切る形で、空拭き出来るタオルやあらかじめ洗剤で軽く掃除してからスチームクリーナーを使用するのがお勧めです。

蒸気吹き出しにより、詰まった汚れなどは吹き飛び、清掃箇所周辺を汚す可能性が有ります。その為、古紙や古タオルを周辺に敷いて飛び散りを予防したり、一層の事取り外しが出来る箇所であれば、外に持ち出したりしてスチームクリーナーを使用するのがいいかと思います。

また、壁紙やその壁紙を張る接着剤が、スチームクリーナーの高温に耐えられずはがれる可能性もあるようです。


太陽光発電業者